葉酸サプリはいつからいつまで飲むべきか

MENU

妊娠と葉酸の関係とは?葉酸サプリはいつからいつまで飲むべきか?

 

悩みますよね。

 

いったい、いつから葉酸のサプリは飲めばいいんでしょうね。

 

また、いつまで、飲み続けないといけないのでしょうか。

 

妊婦さんに必要な栄養素の葉酸ですが、いったい何の効果があるのか、
ということなのですが、実は赤ちゃんの細胞分裂を促すのだそうです。

 

そういわれてもピンときませんが、特に脊柱を作るときに必要になるとか。

 

なので、葉酸が不足すると、大事な神経が出来上がらず、
先天性異常がおこってしまうということなんです。

 

でも、食事から葉酸をとるのは難しいですよね。

 

産婦人科や、厚生労働省でも葉酸サプリをすすめています。

 

葉酸サプリで葉酸を摂る方が吸収がよいのです。

 

葉酸は、食品からの吸収は約4分の1なのです。

 

でもいつからいつまで飲めばいいのでしょうか。

 

葉酸サプリもお値段もかかるし・・・。

 

赤ちゃんの重要な神経ができるのは、3、4週目〜6週目くらいにかけて
始まると言われていますが、そのころに赤ちゃんがおなかにいるかどうか、
わからないこともありますよね。

 

そうなると、やはり、赤ちゃんが欲しいとおもった時から飲み始める必要がありますね。

 

葉酸サプリメント ママは妊活中・妊娠中・授乳中まで飲むのが理想!

 

葉酸サプリメントの摂取期間

葉酸サプリメントからの葉酸摂取量(厚生労働省推奨)

この時期の葉酸の働きと必要性

 

妊活中

(妊娠したいと思った時期)

 

1日あたり400μg

(マイクログラム)

・受精卵が着床する子宮膜の強化する

・受精卵の細胞分裂の促進する

妊娠初期

(妊娠0ヶ月〜3ヶ月)

(妊娠0週〜11週)

 

1日あたり400μg

(マイクログラム)

 

 

・出生児の神経管閉鎖障害のリスクを70%低減させる

・自閉症のリスクの低下させる

・流産リスクの低下させる

 

 

妊娠初期

(妊娠3ヶ月〜4ヶ月)

(妊娠12週〜15週)

 

1日あたり400μg

(マイクログラム)

・自閉症のリスクの低下させる

・流産リスクの低下させる

・子宮内胎児発育遅延予防する

・ママの貧血を予防する

 

妊娠中期

(妊娠5ヶ月〜7ヶ月)

(妊娠16週〜27週)

 

1日あたり240μg

(マイクログラム)

・血中のホモシステインを抑制し流産のリスク低減する

・早産予防のため

・妊娠高血圧症候群予防のため

・ママの貧血を予防する

 

妊娠後期

(妊娠8ヶ月〜10ヶ月)

(妊娠28週〜43週)

 

1日あたり240μg

(マイクログラム)

・ママの貧血を予防する

・免疫機能や消化管機能を向上させる

 

出産後の授乳期

(授乳期は個人差がありますが乳離れするまで)

 

                1日あたり240μg
               (マイクログラム)

・造血効果による母乳の出の向上のため

・産後の子宮回復力の向上のため

・血管を丈夫にする

・ママの貧血を予防する

 


葉酸は、血管を丈夫にする効果があるので、
出産後もとくに授乳中は飲み続ける方が、いいのです。

 

特に、母乳で赤ちゃんを育てるときは、お乳を通して
赤ちゃんにも葉酸効果がありそうです。